前へ
次へ

子供の将来を考えて弁護士への相談を開始

20年以上も一緒に暮らしてきた相手と別れる事になり、すでに子供がいるので離婚をした後の親権をどうするべきか、時間をかけて話し合う事になりました。
法律の専門家を介して話を進めなければ、親権に関する勘違いが起こる可能性があると考えて、弁護士に相談をさせてもらっています。
これまでに多くの離婚関係の相談を受け付けてきた弁護士だったので、親権に関する法律にも詳しくて、安心して専門家のアドバイスを聞いていられました。
どちらが親権を持つのか話し合えるだけでなく、離婚をした後に子供と面会できる機会をどれだけ作れるのか、具体的な話し合いを続けられる点が助かります。
想像していたよりも穏便に話を進める事ができましたし、憎み合うような形で離婚をせずに済んだのも弁護士のおかげです。
長期間の話し合いを続ける事になったのですが料金は安くて、離婚をした後に金銭的なトラブルも起きずに済んでいますし、困った時に頼りたくなる存在だと思えました。

Page Top