前へ
次へ

どういう内容を弁護士に相談するか

法律が絡んでくるようなトラブルが起きた場合、専門家に相談をして対処をするということを考える人もいます。
しかしどんな内容であっても受けてくれるわけではありません。
証拠などが揃っており、相手に原因がある場合でも勝算が見込める内容であっても報酬をしっかりと受け取ることができない相手であれば、弁護士の中には泣き寝入りを薦めてくることがあります。
結局はお金が全てなのです。
不正を行っている大企業が訴訟問題に発展し、責任を追及されるようなことがあっても報酬を多く見込めるのであれば、事実を捻じ曲げてしまうというのも弁護士の仕事の1つになっているようです。
証拠があってもそれはねつ造されたものだと言ってしまえば、裁判官も信じてしまうというのが司法の世界です。
ですからある程度経済的な余裕がある人ではないと、裁判を起こすことはできません。
日本の司法は平等で誰でも裁判を起こす権利があると言われていますが、それは建前上のことです。
お金がなければ泣き寝入りを選択するしかないというのが今の社会です。
弁護士に相談をすれば解決をすると考えているのであれば、それは大きな間違いと言えるでしょう。
どんな内容であれば受けてくれるのか、ということではなく、お金を持っているのかどうか、訴訟に発展をしても報酬をキチンと払ってもらえるのかどうか、ということが大事なのです。
経済的な余裕がない人は何もすることができない、というのが事実です。
慰謝料請求をしたいという事案があっても確実に勝訴出来るような内容であっても、慰謝料の金額が弁護士報酬を下回ってしまえば、それはもう訴訟を起こさないほうがよいというアドバイスをくれるだけです。
ですから法律に反することがあっても訴えられることがないという事態に陥ってしまい、犯罪行為が繰り返され、辛い気持ちになる人が一向に減ることはありません。
悪いことをしても経済的余裕があれば守ってくれる存在がいるのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top