前へ
次へ

交通事故問題は弁護士に相談するのがいいです

交通事故の被害者になった場合には、保険会社と賠償金の話をします。
その場合に、保険会社の支払い基準である任意保険基準を元に交渉してくることが多いです。
任意保険基準というのは、被害者側で考えればいいものではありません。
交通事故にあったあと、弁護士に相談すれば、裁判所基準を元に想定される賠償金額を教えてもらえます。
裁判所基準とは、訴訟を提起して判決にて認められると予測できる賠償金で、任意保険基準より多くもらえることが期待できるものです。
弁護士に相談すると、判例を根拠として保険会社と交渉することができるので、強気に出ることができます。
保険会社としては、支払う賠償金額を少なくしたいもので、あれこれとそれらしいことをいってくるので、「そんなものなのかな」と納得してしまうかもしれません。
保険会社がもし何かいって来た際に「弁護士に相談しています」というと、プレッシャーを与えることができる結果、おかしな交渉で時間を取られることも少なくなります。

Page Top