前へ
次へ

頼れる弁護士の相談会

弁護士に相談するなら、手っ取り早いのは法律事務所ですが、行政に赴くこと、セミナーに参加してから名刺を頂いておくことで、万が一の法的トラブルを回避できる可能性があります。
行政では定期的に相談会を開催しています。
担当地域、いわゆる管轄もありますから、トラブル次第ではありますが、把握できる地域密着型の弁護士を選びましょう。
消費者が抱える問題について、相談者の立場にたち、親身になってくれます。
セミナーでは法的制度の改正で、新しくなった情報を提供してくれることもあります。
もちろん、個々の問題(案件)に応じた、適したサービス(サポート)が得られるように、関係機関、団体などに連絡し、パイプ役の役割を努めることもあります。
支援できる体制を作り続けることも怠っておらず、活動(依頼)を通じて得た問題点、意見をまとめ、必要に応じて関係機関などに意見を提起する、そうした頭が下がる取り組み、活動に奮起する若手、ベテラン弁護士の存在があります。

Page Top